借金返済のコツ!収入と収支のバランスが重要

 

  • いつのまにか借入額が大きくなっていた
  • 借入件数が増えていた

 

このようなケースでは、返済を見直す必要があります。

 

借金返済のコツはいくつかありますが特に重要なのが、現在の返済状況になります。上のようにどうやっても返済のめどが立たなくなった場合は、債務整理も視野に入れる必要が出てきます。

 

借金返済のコツはいきなり返済負担を減らす方法を探すよりも、まず現在の借入額と返済の状況を収入とのバランスを考えながら見直すことです。

 

とはいっても借入を繰り返していると、目の前の返済日を乗り切ることだけを考えて、余裕がない状態で日々を過ごしていきがちでしょう。

 

借金が多くなり収入もあまり多くないのであれば、いきなりおまとめローンに申し込んでも信用度が低いため、審査に通らない場合もあります。

 

返済計画のベストタイミングは

 

本来返済計画の見直しは、詰まったときに行うのではなく余裕のある状態で行うべきです。見直しをしておくとすぐにまとめられない時でも、何かしら別の返済負担を軽くする方法を見つけることができるかもしれません。

 

また、借り換え、おまとめ、債務整理など借入を解決するいくつかの方法から最適なものを選べるようになります。

 

おまとめローンは複数のローンを一つにする方法ですが、借入額やまとめ先の選び方によっては逆に借入が増えてしまうこともあります。そういう意味でも現状を把握すし、まずは返済状況の見直しから始めましょう。

 

まとめたほうがよいケースとは?

おまとめローンを利用してみたいけれど、まとめたほうがよいのかどうかわからないと迷っている方も多いでしょう。実際、おまとめが適しているのか微妙なケースは意外と多いのです。

 

おまとめローンを利用するタイミングはいつがよいのか見ていきます。

 

返済に少しでも負担を感じていたら、利用しているローンの見直しから始めましょう。たとえ借入が一社だけだとしても、何が原因で返済が大変なのかを見極める必要があります。

 

通常は3社以上の借入になるとまとめたほうがよいといわれますが、1社だけの利用でも高金利なら金利が低いローンへの借り換えを検討してもよいのです。

 

また利息ではなく返済方法が面倒だと感じているなら、返済方法を変えるだけでも負担が軽くなることもあります。

 

借入件数が多くなり返済額も大きくなってくると、精神的に追い詰められて冷静に考える余裕すらもなくなっている可能性があります。返済は大変だと感じているのに、何が大変なのかを考える余裕がない状態です。

 

まさに思考停止状態ですね。

 

  • 原因を突き止めて解決する
  • 返済での困った点をクリアにする

 

これらが、おまとめローン利用前の見直しで重要なポイントになるでしょう。

 

またケースによっては、おまとめローン以外の解決策をとらないといけない場合ももあります。

 

一部の消費者金融では、マネーアドバイザーに相談できるシステムを取っているところもあります。利用している金融業者でアドバイスを受けられるシステムがあるなら、専門的なアドバイスを受けるのもよい方法です。

 

返済できないほどの借金は、弁護士や司法書士に法テラスなどで相談する方法もあります。

 

カードローンをまとめるメリット・デメリット

 

カードローンをまとめることはメリットばかりではありません。新たな返済計画などをシミュレーションで確認しておきましょう。

 

現在利用中のローンとおまとめローンとを比較しておかないと、逆に返済額が大きくなる可能性も出てきてしまいます。

 

メリットがあると思っていても、デメリットになってしまうこともあるということですね。

 

メリットは?

総返済額を減らせる

→金利の大幅な減少がないと、最終的な返済額にそれほど差がないこともあります。おまとめローンを探して申し込む手間と、減らせる額のバランスに注意しておきましょう。

 

月々の返済額を減らせる

→毎月の返済額が多くて負担になっている方には効果的です。ただ月々の返済額が少なくなっても、利息がさほど下がっていないなら、返済期間が長くなり反って総返済額が大きくなってしまうこともあります。

 

月々の返済回数を減らせる

→おまとめローンを利用することで、ひと月の間にやってくる返済日を減らすことができ管理がしやすくなります。ただおまとめローンでまとめられないローンの返済も残っていれば、さほど返済回数が減らない状態かもしれません。どのローンをまとめるのか、といった計画も重要でしょう。

 

以上のようにおまとめローンは利用する方によっては、利点ばかりにならないケースもあります

 

ラクになるつもりが逆に返済が大変になってしまう可能性もあるので、申し込み前にきちんと計画しておきましょう。

 

借入完済は当たり前!

借入した後、返済がどんなに大変でも必ず完済するべきでしょう。借りたからには返さないといけないという点は当たり前ですが、その後の生活などにすべて関わってくることにも理由があります。

 

借入の記録は個人信用情報機関にすべて残されています。

 

信用情報機関は日本国内には3つあり、

  1. 銀行が利用する機関
  2. 信販系会社やクレジット会社が利用する機関
  3. 消費者金融など貸金業者が利用する機関

 

とわかれています。ただし、情報は共有されているためクレジットカードの利用が、消費者金融の審査時に分からないといったことは起こりません。

 

この記録は、借入の申し込み、借入、返済、延滞の有無などすべて残ります。

 

記録が残されている期間も決まっており延滞記録が残ってしまえば、記録が消えるまでは別のローンに申し込んでも審査には通りません。つまり、返さない行動はその後のローン利用に大きく影響してしまうことになります。

 

逆にきちんと返済して完済したという記録が残っていれば、新たなローンに申し込んでも信用度が上がっており、可決になる可能性も高まります。クレジットヒストリーとよばれるものです。

 

いずれ大きな借金予定があるからと、少額借りる人もいらっしゃいます。返済している記録は、自分の信用度を高めるのに大変効果があります。もちろん無理やり借金するというのではなく、必要に応じたローンの利用をメリットにするわけです。

 

おまとめローンデメリットにしないためにも完済することはとても重要です。返済負担が大きい時には、おまとめローンの利用なども上手に取り入れて完済を目指しましょう。

 

おまとめローン以外で借金を返す方法

もうこのままでは借金を返しきれないと言うときに使えるローンの借換えがおまとめローンです。

 

複数の貸金業者から借り入れて返済日のたびに借りたり返したりを繰り返すような多重債務になったら、もう飛躍的に収入が増えるとかが無い限り返済は困難な状況かもしれません。

 

そういうときのためのおまとめローンですが、本当にそれでいいのでしょうか。実はおまとめローンの意味は以前ほどなくなっています。と言うのも消費者金融の金利のグレーゾーンが無くなり今利用している金利はそれ程高くないはずです。

 

つまり銀行などで借り替えても支払い総額は思うほど減らないのです。つまりまとめない方が現実的かもしれないと言うことです。おまとめローンでまとめないで債務を整理すべきときかもしれません。

 

もうこれ以上はムリ!と思ったら債務整理を視野に入れる

このような状態は、任意整理や個人再生を行うときかもしれません。最近の利用が中心なら過払い金は多くないはずです。その場合は過払い金が期待できないので個人再生で債務を放棄してもらう方が良いでしょう。

 

またまったく資産が無いのなら自己破産も十分ありえます。

 

まとめないで整理する方が確実に借金を返すことが出来ます。逆におまとめローンでまとめてしまうと債務の整理がしにくくなることもあります。まとめないで減額してもらっての返済は信用情報などに悪い面がありますが、返済の困難さからすれば仕方がないでしょう。

 

複数のカードローンをまとめるメリット

借入先が複数あることで、返済は混乱します。
多重債務とは何社からの借り入れがあるのかが問題ではなく、複数社からの借り入れがありそこに不便が生じている状態となれば多重債務状態なのです。

 

いくつものローン返済があるときにはまず、状況を整理してください。支払いが難しいと考えるかもしれませんが、まとめることができれば返済は簡潔になることも充分にあります。

 

カードローンをまとめることで金利が格段に低くなるという期待はしない方がよいでしょう。一本にまとめること、それがおまとめローンとして考えておきましょう。

 

返済先が1社になるだけで精神的なストレス、少なくとも今の現状ストレスからは解放されます。借入先をひとつにまとめてお金借りる、今一度お金の管理や返済計画を見直しましょう。